あこがれのプロポーズ…というわけにはいきませんでしたが。

PR|最愛のペットへメッセージ|

都内在住の20代後半女性です。

20代に入ったころから結婚願望がありましたが、なかなか出会いがなく20代半ばになるまで彼氏もいない日が続いていました。そんなとき、あるSNSを通じて十数年ぶりに学生時代の男性友人と再会することになり、彼を含めた複数人で飲み会をしました。久しぶりにあった彼はとても魅力的な男性に成長しており、ほとんど一目ぼれに近いような状態でした。その後も連絡をして二人で会う機会も増え、付き合うことになりました。クリスマスが近くなり、彼のサプライズで都内のホテルで食事をし、その晩はそのホテルに泊まったのですがその夜景と雰囲気、さらにお酒も加わりとてもいい雰囲気に…。わたしも記憶がなくなるほど酔ってはいませんでしたが、勢いあまってなんと付き合って間もない彼にその場でプロポーズしてしまったんです。最初の再会から2か月ほどだったと思います。その彼の答えは「イエス」でした。

理想を言えば男性からプロポーズされたいのはありましたが、焦りなんだか酔いなんだか、今考えても良く言えたなぁ、よくOKしてくれたなぁと思います。時間かけるのが良いとは限りませんが、スピード婚に家族も友人も驚きをかくせないようでした。